2007年4月30日 (月)

対象の大きさ

 今や御自身が「バカ」の代名詞となった感すらある養老先生だが、
昔、と言ってもつい十数年前まで、は人文的知性の代表格ですらあった(と思う)。
ニュー・アカやポスト・モダンと違って今でもその価値が失われていないのは、
無意味で難解でファッショナブルな議論の代わりに
解剖学者としての誠実な思索の積み重ねがそこにあるからだ。

 『ヒトの見方』を手に取ったのは、特定の部分を読み返すためで、
それは文庫版では32頁からの「形を扱う」という節の、
その中でも特に最後の42頁の「頭の中の形」という部分だ。

現代人が持つ人体のイメージが…現実には、はなはな不統一ではないかと、と私は疑っている。

たとえば、化学なら、どういう人体のイメージを与えるのだろうか。
人体のかなりの部分は、水で占められている。
水の分子が1センチメートルの大きさとしたら、
人体はどのくらいの大きさになるのか。
数百万キロという単位になる。

たとえば、薬の効果を私に尋ねる人がある。
もちろん、私には、たいてい返事をする能力がない…
薬品とはつまりある化学物質である…
(しかし)人体は恐るべき数の化学物質の複合体であり、
それが全体として生きて動いている。
だから、単純な答を要求する方があきらかに間違っている(と形態学者は思う)。

 ここで「化学」をミクロ経済学、あるいはゲーム理論やIO、
「人体」をマクロ経済、「薬・薬品」を財政・金融政策と置き換えたらどうだろうか。
最近のMicro-Foundationのあるマクロ経済学というやつは、
化学で人体への薬の効果を測定・予想しようという行為に思える。

 このアナロジーを続けるならば、
化学物質を特定の部位に作用させようとすることは、
IOの特定産業における政策に対応させられるかもしれない。
これは疾患が特定部位に限定される問題ならば効果は高いが、
もし人体全体(あるいはかなりの部分)の問題が特定の部位で発症したのならば、
還元的な対策はその力を失ってしまう。

 だが、アナロジーが成り立つのはここまでである。
人体ならば肝臓が小さくなったり腎臓が倍の大きさになったりはしない。
しかし経済においてはある産業が縮小したり拡大したりする。
人体ならば幾つでも捌くことができるだろうが、
現実の経済のサンプルは極めて限られている。
経済の最小単位は人間になるのだろうが、人間は変化する。
しかも原子・分子と違ってその性質はよく分かっていない。
経済を構成するもう1つの要素である技術も同様である。

 数百メートルの崖を上ろうする時に、
地上でどんなに全力疾走をしても跳躍する力はしれている。
また崖をそのままロック・クライミングする人間も多くはない。
普通は足場を作って階段状に上っていく。
しかしどのような足場を作っていくかは簡単ではない。
崖を上るのならば下手糞でも根性さえあれば辿りつくのだろうが、
知においてはこの保証はない。

 人体ならば、例えば機能によって分けるという手がある。
循環器系、消化器官系、神経系といった具合に。
だが、もしバカが頭・腕・上半身・下半身・足と分けたらどうなるか。
なかなか悲惨な未来が予想されるところだ。

 経済学においても幾つかの分類法がある。
消費財・投資財・中間投入財など財の機能別の分け方や
数の多少はあるが産業ごとに分ける方法もある(*)
前者はY=C+Iというマクロ経済学的な分類法だ。
後者は財の代替性や生産技術にある程度対応したものだと思う。

 現状のマクロ経済学は前者に+αしたものだが、
将来的には後者の方にシフトしていくのだと思う(ほんとか?)
ここで問題になるのは、先ほど触れた産業構造の変化だろう。
いわば足場と思われたものが思いがけず動いてしまう状況だ
(ラピュタの最深部みたいなイメージ)。
これを引き起こす選好・技術の変化を突き止めるのは容易ではない。

 経済学者は進化学者・考古学者のようなものである。
しかし生物の進化の何万倍の速度での進化が目の前で起こる。
これを吉ととるか凶ととるか、なかなか難しいところだと思う。

(*)ついでに言うと、別の重要な区分として地域・国もある。
ただ、この意味合いについての議論は別の機会にしたい。

2007年2月20日 (火)

ヤバくない経済学

「やばい」の語源ははっきりしないらしい…

 アメリカでベストセラーになったらしいこの本
Amazonのレビューなんかをみても高評価が多いが、
あんまり面白い本だとは思わなかった。

 理由は幾つか考えられる。
自分が経済学をそれなりに学んだため、
誘因(インセンティブ)に基づく分析が当たり前になっていること。
情報の非対称性がある場合に、
情報優位な側が「悪い」ことをするのは当然。

 もう1つは社会生物学などの知識があったこと。
双子の研究で生みの親のIQが子供のIQに強い影響力を持ち、
育ての親のIQが影響力をあまり持たないことは常識。
これは学校の成績でもほとんど同じことだと思う。

 また、原因が遺伝説にせよ環境説にせよ
社会階層の低い人の犯罪率が高いことも常識。
まあ、これを中絶と結びつけたのはいい着想なのかもしれないが、
これを事前に聞いていたのも良くなかったのかもしれない。

 これらは本来、社会学者がやるべき仕事だが、
それをできなかったのは彼らの知的怠慢に過ぎない。

 1つ疑問なのは、後半の話が「誘因」と関係ないこと。
統計を「正確」に扱うのも経済学の1つの「方法」なんだろうが、
それは「科学」の常識だと思う。
だから4章からは特に経済学特有の分析ではない。

 と思っていたのだが、F木さんが言うには
「誘因ではないことを示すことも誘因分析」とか。
なるほど、だったらこれも経済学と言えなくもないか。

 まあ18歳の俺なら面白いと思ったかもしれない。
でもそれなりに歳と知識を重ねて大人になると、
「悪ガキ」の話の相手なんてできません。

 本質的な話では2つの論点が重要。
1つは「誘因」にはいわゆる経済的なもの以外のものがあること。
(幼稚園児を迎えに来る母親への罰則の話のところです)
それでは経済的誘因以外の誘因とは何か。
彼らは社会的誘因と道徳的誘因と名づけているが、
これらの概念に中身はほとんどない。

 大事なのは人間がなぜこれらの誘因を持つかということ。
経済学者だったらこれらの誘因を外生的に扱えばいいのだろうが、
彼らの話ではこれらは外生的なものではない。
なぜなら幼稚園の運営者の「経済的な」政策によって
道徳的誘因は失われてしまったのだから。

 もう1つは、1つ目の問題とも関係するが、
以下のような彼らの主張だ。

「経済学という科学は基本的に、
 決まった対象があるわけでなく、
 むしろ方法の集まりであって、
 だからどんなにおかしな対象だって扱っていけないわけじゃない」

 彼らはミクロ屋らしく誘因を強調するのだが、
マクロ屋なら「ソローモデルはどうなる」と言うだろう。
多くのマクロ屋は「最近のマクロは最適化問題を入れてます」と言うだろうが、
代表的個人と企業に香辛料をまぶした代物が
そう言う権利を持つかどうかは微妙だと思う。

 しかし重要なのはこんなところではない。
重要なのは「科学とは方法なのか」という部分である。
それに対するのは「科学とは対象である」という主張だろう。

 これは非常に重要な問題だが、
これから論ずるには長すぎるので
またの機会ということで。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ