« 違和感 | トップページ | 日本語が亡びるとき »

2008年12月23日 (火)

M-1 2008

 紳助も言っていたけど、今年はレベルが高かった。
今年はっきり駄目だったのはザ・パンチだけだったと思う。
05年なんか品川庄司が4位だったんだよな…
07年にしたって4位のハリセンボンがぎりぎりで、
5位の笑い飯ははっきりつまらんかった。

 レベルアップの要因はいくつかあると思うけど、
単純に出場組が第1回に比べて3倍近くに増えていること。
また技術面の情報伝達の速度が上がったのかもしれない。
まあ、従来不透明だと言われていた準決勝の選抜システムが、
批判があったことでマトモになったのが大きいのかもしれないが…

◆採点システム

 既に指摘されていることだが、M-1は、極端に言うと、
最も面白い漫才コンビが勝つ大会ではなくなっている。

 むしろフィギュアスケートと同様に考えた方が結果を予想しやすい。
「浅田より村主の方が好き」という人もいるだろうが、
現状の採点システムでは村主が浅田に勝つ可能性はない。
理由は単純で、ジャンプの質や回数などによって細かく点数が決まっていて、
そこで村主が浅田を上回ることはできないから。

 M-1はそこまで詳細ではないが、採点基準がはっきりしつつある。
それは(1)ネタの数(2)構成・流れ・演技(3)新規性(4)好み・面白さ。

 (1)はこれまでも言われていたが、今回の審査員の発言はそれを裏打ちするものだった。
誰かは忘れたが「ネタまでの前フリが長い」という発言があり、
次に巨人が「もっとネタを詰め込まないと」と言っていた。
前者も意味合いは全く同じで、フリが長いほどネタ数は減ってしまう。

 とは言っても、ネタが多ければそれでいい、というわけでもない。
もう1つ「完成度」という要素があると思うが、
それを決めるのが(2)の構成・流れ・演技だと思う。

 しかし、ちょっと違った側面からの評価もあり、それが(3)の新規性。
今回ではオードリーが完全にそのパターンで、
大竹ははっきりと「こんな漫才見たことない」と言っていて、
実際彼はオードリーに最高点をつけ、最終決戦でも彼らに票を入れている。

 もちろん、これらのウェイトは審査員によって異なっている。
今年の例だと上沼・巨人は割と保守的に(1)(2)のウェイトが高く、
大竹・中田が(3)のウェイトを高くしている。
ただ大竹はひねくれものなので、特に最終決戦では逆に来る傾向もある。
渡辺は日和見であまり判断をしておらず差をつけない。
松本は独自のセンスなのか総合的な判断なのか、一番普通。
謎なのは紳助で、笑い飯が95点なのに、オードリー・ナイツが89点、
U字工事・モンスターエンジンですら91点。
彼の場合は立場上、色んなことを考えざるをえんのでしょう。

◆決勝

 上記の採点システムを基準にすれば、結果はほぼ妥当なことが分かる。

 笑い飯は(1)は良いが(2)の点で劣る。
闘牛士から鞭打ちへの流れに必然性が乏しい。
もちろん、巨人が言うように何回も出ている弱みもあって、
最初こそそれを逆に生かしたけど、最後はやっぱり見慣れた流れ。

 U字工事は、そもそもネタになっているのかどうか。
上沼が「私は関西の人間なんで…」と言っていたが、
M-1という関西で圧倒的に視聴率が高い番組で、
しかも審査員の過半が関西人という場所で、関東地域のネタは辛い。

 ダイアンは、特に最初の方に無駄が多くて(1)基準を満たさない。

 キングコングが駄目だった理由は、NON STYLEと比較すると分かりやすい。
どちらもフリ・ボケ・ツッコミの流れだが、
NON STYLEはどんどん話が流れていくのに対し、
キングコングは同じ場面(フリ)をやり直すから無駄に感じる。
その結果(2)の構成・流れという点で劣ってしまう。
同じ場面を繰り返すのなら、1場面に複数のボケを持ってきて
畳み掛ける展開にしないと(1)基準としても厳しくなってくる。

◆最終決戦

 オードリーは2本目が無かったのが敗因。
そもそも新規性がウリだと2本目がどうしても辛くなる。

 ナイツはもともとM-1向きではないと言われていたが想像以上の惨敗。
1つは反主流派(大竹・中田)票をオードリーに奪われたというのもある。
ただ、自分が一番驚いたのは、彼らが「感じが悪かった」こと。
レッドカーペットなんかでの彼らの最大のポイントは、
退場の際に3方向に向かって挨拶する礼儀正しさだと思っていた。
しかし、決勝後のインタビューでハナワ弟が「ネタは37個です」
いかにも「俺らはちゃんとおまえらの採点方針に従ってやってやったよ」という感じで。
吉本主催・審査員も関西勢中心という環境で、
緊張感が変な方に出てしまったのかもしれない。

 あと、最終決戦に向けての仕掛けがNON STYLEと被ったのも辛い。
それは、決勝でのネタと連続性を持たせる、というやつで、
ナイツだとそれは、メガネがツボ、ということになる。
ところがNON STYLEも、携帯が戻ってくる、をやってきた。
流れ的にNON STYLEは事前に用意してきたのだと思うが、
ひょっとしたらナイツのを見て入れてきたのかもしれない。

◆「M-1漫才」の完成

 M-1のルールが決まり、採点基準も明らかになり、
それへの対策技術が普及したこともあり、
大体「M-1漫才」は完成の域に達したと思う。
今後、NON STYLEの方向性で最も上手い人が勝つことになるだろう。
ネタとしては決勝のオードリーが最も凄かったと思うが、
あれを2本続けるというのはどうしても難しい。
良く言えば平均レベルが上がったとなるし、
悪く言えばもうこれより上は望めないとなる。

« 違和感 | トップページ | 日本語が亡びるとき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207115/26431793

この記事へのトラックバック一覧です: M-1 2008:

» 上沼 レシピ [今最も注目すべき業界最新ニュース]
M-1グランプリ 優勝はNON STYLE 毎日新聞でも優勝できてよかった」と石田さん。「僕の中で圧勝でした」と二人を絶賛した大会委員長の島田紳助さんは「クオリティーが下がってM-1は、ぼちぼちやめなあかんのちゃうかと思っていたけど、(決勝が始まってみたら)全く逆だった」。審査員の上沼恵美子さんは「圧勝 ...(続きを読む) 憲子さん「新妻と仲良くやってます」週刊えみぃSHOWで初の親子共演 スポーツ報知メーン司会の上沼恵美子(53)から「新妻と仲良くなれそう?」と問われた憲子さんは「9月4日... [続きを読む]

« 違和感 | トップページ | 日本語が亡びるとき »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ