« 2008年11月 | トップページ

2008年12月30日 (火)

日本語が亡びるとき

 ネットで評判になっているらしいのですが、全く知りませんでした。
インターネットが普及して英語の時代になると、
<叡智を求める人>は英語で書き始めるようになる。
数学や科学の論文など翻訳可能なものはそれでも良いが、
文学のように言語と不可分で翻訳不可能なものもあり、
そうなると日本文学と日本語は亡んでしまうだろう。
大雑把に要約するとこんな感じでしょうか。

 前半から中盤まで、5章ぐらいまでは面白く読めた。
エッセイ風の1・2章から概念整理の3章を経て、
いかに日本近代文学が奇跡的に素晴らしいかの4・5章。
しかし、6章で、インターネットと英語の時代が来て
日本文学と<国語>としての日本語が亡びるという話になるが、
どうにも説得力がなくて首をひねらざるをえなくなり、
そのため7章での教育改革の話も共感できない。

 そもそも私が、近代だろうが現代だろうが
文学に全く興味を持ってないからかもしれないが、
文学が亡びるのは英語とかインターネットは関係なく、
単純に表現様式としての文学が限界に達しただけではないかと普通に思う。

 筆者も6章の最初にこういう普通の議論を抑えていて、
「文学の終わり」の歴史的根拠として
(1)科学の急速な進歩(2)<文化商品>の多様化(3)大衆消費社会の実現を挙げている。

(1)「人間とは何か」みたいな大切な問いについて、
昔は文学が答えるもんだと思われていたが、
最近はDNAとか脳科学なんかが重要性を増している。

(2)また芸術と娯楽を兼ねる<文化商品>は
昔は文学が唯一ふつうの人の手に届くものだったが、
新しい技術でレコード・ラジオ・映画・テレビドラマが普及してきた。

(3)大衆消費社会で流行る文学とは、
たんにみなが読むから読まれるという本に過ぎない。
多くの場合、ふだん本を読まない人が読む本で、つまらないものが多い。

 しかし、作者はこういった分析をあっさりと退けている。
そこから英語とインターネットと日本文学の亡びという話になるのだが、
ここの論理展開に無理があると思う。
作者は昔と変わらず文学を志向する優秀な人がいると仮定しており、
そういった人たちが英語でしか書かなくなることを憂慮している。
だが、それなら英語文学はそんなに栄えているのだろうか?
私が無学だからかもしれないが、そんな偉い近年の英語作家は聞いたことがない。
やっぱり英語圏でも彼女が羅列する19世紀あたりの作家が一番偉いんじゃないだろうか。

 ということは、やはり上記の(1)(2)(3)が
文学一般にとって致命傷だったということではないだろうか。

 まず(3)の大衆化という問題だが、
この手の話はそれこそ100年前から言われていることで、
まあ、どうしょうもないんじゃないかと思います。

 次に(1)だが、これも至極当然の流れ。
大体、文学がそんなに有難いものだったこと自体が異常。
近代文学が対象とした問題は雑然としていて、
現在の視点から冷静に見直してみれば、
自然科学や社会科学で対応すれば済む問題も多いし、
どうしても無理なら思想とか宗教とかで対処すべき問題もある。
これらを一緒くたにして文学でファイナルアンサーという考え方自体が
古いし、めちゃくちゃだし、まあロマンだよね、としか言いようがない。

 (2)は芸術としての表現様式につきものの話。
どんな表現様式でも、それが発明されたときには開発の余地が大きく、
優秀な人を集めて技術進歩が進むという現象が見られる。
しかし、いつかはそれも飽和し、新味を出すのが難しくなってくる。
こうなると優秀な人はその分野から離れて行く。
これまた至極当然の流れなんじゃないかと思う。

 作者が一番力をこめて書いているのが6章、
それも彼女が思い入れのある漱石に仮託して語る部分である。

くり返し問うが、今、漱石ほどの人材が、
わざわざ日本語で小説なんぞを書こうとするであろうか。

 私の答えは酷くシンプルだ。

 うーん、そっすねー、マンガでも書いたんじゃないっすかねぇ。
多分、妙に濃い目の絵柄のマンガを描いて
「そこにシビれる!あこがれるゥ!」とか
「あ…ありのまま 今起こった事を話すぜ!」とか
「てめー頭脳がマヌケか!?」とか言ってたんじゃないっすかね。

以上。

2008年12月23日 (火)

M-1 2008

 紳助も言っていたけど、今年はレベルが高かった。
今年はっきり駄目だったのはザ・パンチだけだったと思う。
05年なんか品川庄司が4位だったんだよな…
07年にしたって4位のハリセンボンがぎりぎりで、
5位の笑い飯ははっきりつまらんかった。

 レベルアップの要因はいくつかあると思うけど、
単純に出場組が第1回に比べて3倍近くに増えていること。
また技術面の情報伝達の速度が上がったのかもしれない。
まあ、従来不透明だと言われていた準決勝の選抜システムが、
批判があったことでマトモになったのが大きいのかもしれないが…

◆採点システム

 既に指摘されていることだが、M-1は、極端に言うと、
最も面白い漫才コンビが勝つ大会ではなくなっている。

 むしろフィギュアスケートと同様に考えた方が結果を予想しやすい。
「浅田より村主の方が好き」という人もいるだろうが、
現状の採点システムでは村主が浅田に勝つ可能性はない。
理由は単純で、ジャンプの質や回数などによって細かく点数が決まっていて、
そこで村主が浅田を上回ることはできないから。

 M-1はそこまで詳細ではないが、採点基準がはっきりしつつある。
それは(1)ネタの数(2)構成・流れ・演技(3)新規性(4)好み・面白さ。

 (1)はこれまでも言われていたが、今回の審査員の発言はそれを裏打ちするものだった。
誰かは忘れたが「ネタまでの前フリが長い」という発言があり、
次に巨人が「もっとネタを詰め込まないと」と言っていた。
前者も意味合いは全く同じで、フリが長いほどネタ数は減ってしまう。

 とは言っても、ネタが多ければそれでいい、というわけでもない。
もう1つ「完成度」という要素があると思うが、
それを決めるのが(2)の構成・流れ・演技だと思う。

 しかし、ちょっと違った側面からの評価もあり、それが(3)の新規性。
今回ではオードリーが完全にそのパターンで、
大竹ははっきりと「こんな漫才見たことない」と言っていて、
実際彼はオードリーに最高点をつけ、最終決戦でも彼らに票を入れている。

 もちろん、これらのウェイトは審査員によって異なっている。
今年の例だと上沼・巨人は割と保守的に(1)(2)のウェイトが高く、
大竹・中田が(3)のウェイトを高くしている。
ただ大竹はひねくれものなので、特に最終決戦では逆に来る傾向もある。
渡辺は日和見であまり判断をしておらず差をつけない。
松本は独自のセンスなのか総合的な判断なのか、一番普通。
謎なのは紳助で、笑い飯が95点なのに、オードリー・ナイツが89点、
U字工事・モンスターエンジンですら91点。
彼の場合は立場上、色んなことを考えざるをえんのでしょう。

◆決勝

 上記の採点システムを基準にすれば、結果はほぼ妥当なことが分かる。

 笑い飯は(1)は良いが(2)の点で劣る。
闘牛士から鞭打ちへの流れに必然性が乏しい。
もちろん、巨人が言うように何回も出ている弱みもあって、
最初こそそれを逆に生かしたけど、最後はやっぱり見慣れた流れ。

 U字工事は、そもそもネタになっているのかどうか。
上沼が「私は関西の人間なんで…」と言っていたが、
M-1という関西で圧倒的に視聴率が高い番組で、
しかも審査員の過半が関西人という場所で、関東地域のネタは辛い。

 ダイアンは、特に最初の方に無駄が多くて(1)基準を満たさない。

 キングコングが駄目だった理由は、NON STYLEと比較すると分かりやすい。
どちらもフリ・ボケ・ツッコミの流れだが、
NON STYLEはどんどん話が流れていくのに対し、
キングコングは同じ場面(フリ)をやり直すから無駄に感じる。
その結果(2)の構成・流れという点で劣ってしまう。
同じ場面を繰り返すのなら、1場面に複数のボケを持ってきて
畳み掛ける展開にしないと(1)基準としても厳しくなってくる。

◆最終決戦

 オードリーは2本目が無かったのが敗因。
そもそも新規性がウリだと2本目がどうしても辛くなる。

 ナイツはもともとM-1向きではないと言われていたが想像以上の惨敗。
1つは反主流派(大竹・中田)票をオードリーに奪われたというのもある。
ただ、自分が一番驚いたのは、彼らが「感じが悪かった」こと。
レッドカーペットなんかでの彼らの最大のポイントは、
退場の際に3方向に向かって挨拶する礼儀正しさだと思っていた。
しかし、決勝後のインタビューでハナワ弟が「ネタは37個です」
いかにも「俺らはちゃんとおまえらの採点方針に従ってやってやったよ」という感じで。
吉本主催・審査員も関西勢中心という環境で、
緊張感が変な方に出てしまったのかもしれない。

 あと、最終決戦に向けての仕掛けがNON STYLEと被ったのも辛い。
それは、決勝でのネタと連続性を持たせる、というやつで、
ナイツだとそれは、メガネがツボ、ということになる。
ところがNON STYLEも、携帯が戻ってくる、をやってきた。
流れ的にNON STYLEは事前に用意してきたのだと思うが、
ひょっとしたらナイツのを見て入れてきたのかもしれない。

◆「M-1漫才」の完成

 M-1のルールが決まり、採点基準も明らかになり、
それへの対策技術が普及したこともあり、
大体「M-1漫才」は完成の域に達したと思う。
今後、NON STYLEの方向性で最も上手い人が勝つことになるだろう。
ネタとしては決勝のオードリーが最も凄かったと思うが、
あれを2本続けるというのはどうしても難しい。
良く言えば平均レベルが上がったとなるし、
悪く言えばもうこれより上は望めないとなる。

2008年12月10日 (水)

違和感

仲間由紀恵「寧々がしみこんできた」

 そりゃ役者さんだから色々やるのは当然なんですが、
つい最近、千代やってた人が寧々やるってのも…
西田敏行が8代目だったり2代目だったり1代目だったりするのは遺伝ってことで…
緒形拳も覚えてる範囲でも貞氏・経久・定満。
あと信長はいつから石原プロの所轄になったのかと。

 大河以外だと榎木孝明が浅見光彦から浅見陽一郎になったのとか。
西村晃は水戸黄門のイメージが強いだけに、
逆に昔の悪役の方が変な感じもします。
児玉清は役者をやってること自体に違和感が(笑)

« 2008年11月 | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ