« Multi-Displayへの獣道(2):動作環境編 | トップページ | 八 »

2008年3月24日 (月)

Multi-Displayへの獣道(3):ディスプレイ編

 動作環境もはっきりしたので、ようやくディスプレイ選び。
机の狭さから薄くてすむ液晶から選びます。

◆選ぶ基準

 どの世界でもやたらと事情に詳しいヲタクというのはいるものだが、
近年のネットの隆盛でそれが表に出るようになってきたようだ。
ディスプレイも例外ではなく、例えばミヤハンさんのサイトがある
高解像度ワイド液晶に限った話だが、非常に参考になる。
彼はNECのMultiSync LCD2690がご熱心なのだが、
こいつは評判がいいらしく、他にもスタパ齋藤さんもオススメしている

 ただ、ミヤハンのサイトが特にそうなのだが、
部外者から見ると「宗教」にしか見えないことも多い。
もちろん用途の違いといってしまえばそれまでだが、
普通のビジネスユースで色の再現性なんかはどうでもいい。

 それでも普通の人が気にする基準が3つある。
それは(1)価格(2)画面の大きさ(3)目の疲れやすさ。
あとデザインを気にする人や、耐久性や保証関係、
特に机の狭い人にとっては大きさや重さもバカにできない。

 ここでは他人の財布をアテにしているので価格はとりあえず無視。
画面の大きさと目の疲れやすさだけに注目した。

◆サイズ

 とりあえず21インチ以上で解像度が「1600×1200」のものを。
「高解像度ワイド」だと「1920×1200」になり、レッツちゃんが映せない。
来年度には新しいのに移行する予定だが、それでも映る保証がない。
その上、狭い机の上でデカ過ぎるディスプレイもいかがなものか、と。
ちなみに30インチなら縦にすればA4が4枚分なので、
バカがやりたい人は挑戦してみてください。

 21インチ以上の理由は、横40センチ、縦30センチあるから。
A4が横21センチ、縦29.7センチなので、ぎりぎり横に2枚収まる。
Acrobat Reader の「見開き表示」機能を使いたいので、最低このサイズが欲しい。
最近は論文を印刷せずにPC上で読む事が多いのだが、
2枚全体を同時に映せたら便利なことは間違いない。

◆目の疲れやすさ

 ミヤハンさんや液晶モニターによる目の疲れについての一考察」参照。
これについてもあれこれ意見があるようなのだが、
大体騒ぐのは一番被害を受けた人(と便乗している奴)なので、
多くの人にとって役に立つ情報かどうかは分からない。

 とりあえず重要なのは液晶のパネル、らしい。
これについてもITmediaの記事なんかも参照。
ただディスプレイの情報を見てもパネルまで書いてないことが多い。
そういう時はこのサイトを見ると発見できるかも。

 ただ、こんな情報を幾ら調べても意味無いので、
論より証拠と秋葉に繰り出して己の目で確かめる。
昔はツクモのディスプレイ館があったのだが
今はツクモeX.の地下一階に追いやられた模様。

 ここでも色々なディスプレイを眺めるのだが、うーん…
もちろん特徴は分かるのだが、それほど目の疲れに違いは…
ただ目の疲れは長期的に来る事も多いので、
ここは人を信じて評判の良いものを買うことにしました。

◆候補

 目が疲れにくくて21インチ以上ということ以下の3つ。

・ナナオ  L997
・三菱   RDT211H
・イイヤマ PL(Pro Lite) H2130

 どれも定価が15万以上する高級品ばかり。
ただ三菱のは生産中止で手に入りにくい。
そこでナナオとイイヤマの比較になるのだが、
どちらも表示面積が43.2×32.4と全く同じで
しかもピボット機能(縦長表示)もついている。

 あとは勘なのだが「EIZO」というブランドネームと、
画面を斜めに出来る点、細かな機能でL997にした。

◆感想

 机を整理して距離をとったせいか、思ったほど大きく感じない。
目の疲れやすさはというと、今のところ従来と大差ない。
半分以上はノートの画面を見ているせいかもしれないが…

 PDFの見開き機能はやっぱり便利。
ただ文章によっては余白が大きいものがあって、
そうなると21.3インチはぎりぎりになってしまう。

 あと期待した Active Rotation や Active Shotはあまり使えない。
前者はディスプレイ側が縦長表示をする機能なのだが、これをやると色が変になる。
もちろん調整不足なのだが、面倒くさいので使わないことにした。
後者は「ピクチャー・イン・ピクチャ」といって
2つのコンピューターからの画面を同時に映す機能。
ただ、一方の画面が小さいため見にくく現実的には使えない。
結果的には何度も画面を切り替えることになってしまった。

 ああ、もう1つディスプレイが欲しい…

« Multi-Displayへの獣道(2):動作環境編 | トップページ | 八 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207115/11718665

この記事へのトラックバック一覧です: Multi-Displayへの獣道(3):ディスプレイ編:

» FX超裏技!FX初心者のためのFX初心者必勝!裏技攻略法! [FX初心者のためのFX初心者必勝術!インターネット限定裏技!]
同様の内容があったのでTBさせていただきました。 いきなりのTBごめんなさい。m(_ _)m貴サイトの発展を心よりお祈りしております。 O(≧∇≦)O イエイ!! あっ、失礼しました。m(;∇;)m [続きを読む]

« Multi-Displayへの獣道(2):動作環境編 | トップページ | 八 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ