« プラトンに脳科学で答える | トップページ | 自分が好きか嫌いか »

2007年4月30日 (月)

対象の大きさ

 今や御自身が「バカ」の代名詞となった感すらある養老先生だが、
昔、と言ってもつい十数年前まで、は人文的知性の代表格ですらあった(と思う)。
ニュー・アカやポスト・モダンと違って今でもその価値が失われていないのは、
無意味で難解でファッショナブルな議論の代わりに
解剖学者としての誠実な思索の積み重ねがそこにあるからだ。

 『ヒトの見方』を手に取ったのは、特定の部分を読み返すためで、
それは文庫版では32頁からの「形を扱う」という節の、
その中でも特に最後の42頁の「頭の中の形」という部分だ。

現代人が持つ人体のイメージが…現実には、はなはな不統一ではないかと、と私は疑っている。

たとえば、化学なら、どういう人体のイメージを与えるのだろうか。
人体のかなりの部分は、水で占められている。
水の分子が1センチメートルの大きさとしたら、
人体はどのくらいの大きさになるのか。
数百万キロという単位になる。

たとえば、薬の効果を私に尋ねる人がある。
もちろん、私には、たいてい返事をする能力がない…
薬品とはつまりある化学物質である…
(しかし)人体は恐るべき数の化学物質の複合体であり、
それが全体として生きて動いている。
だから、単純な答を要求する方があきらかに間違っている(と形態学者は思う)。

 ここで「化学」をミクロ経済学、あるいはゲーム理論やIO、
「人体」をマクロ経済、「薬・薬品」を財政・金融政策と置き換えたらどうだろうか。
最近のMicro-Foundationのあるマクロ経済学というやつは、
化学で人体への薬の効果を測定・予想しようという行為に思える。

 このアナロジーを続けるならば、
化学物質を特定の部位に作用させようとすることは、
IOの特定産業における政策に対応させられるかもしれない。
これは疾患が特定部位に限定される問題ならば効果は高いが、
もし人体全体(あるいはかなりの部分)の問題が特定の部位で発症したのならば、
還元的な対策はその力を失ってしまう。

 だが、アナロジーが成り立つのはここまでである。
人体ならば肝臓が小さくなったり腎臓が倍の大きさになったりはしない。
しかし経済においてはある産業が縮小したり拡大したりする。
人体ならば幾つでも捌くことができるだろうが、
現実の経済のサンプルは極めて限られている。
経済の最小単位は人間になるのだろうが、人間は変化する。
しかも原子・分子と違ってその性質はよく分かっていない。
経済を構成するもう1つの要素である技術も同様である。

 数百メートルの崖を上ろうする時に、
地上でどんなに全力疾走をしても跳躍する力はしれている。
また崖をそのままロック・クライミングする人間も多くはない。
普通は足場を作って階段状に上っていく。
しかしどのような足場を作っていくかは簡単ではない。
崖を上るのならば下手糞でも根性さえあれば辿りつくのだろうが、
知においてはこの保証はない。

 人体ならば、例えば機能によって分けるという手がある。
循環器系、消化器官系、神経系といった具合に。
だが、もしバカが頭・腕・上半身・下半身・足と分けたらどうなるか。
なかなか悲惨な未来が予想されるところだ。

 経済学においても幾つかの分類法がある。
消費財・投資財・中間投入財など財の機能別の分け方や
数の多少はあるが産業ごとに分ける方法もある(*)
前者はY=C+Iというマクロ経済学的な分類法だ。
後者は財の代替性や生産技術にある程度対応したものだと思う。

 現状のマクロ経済学は前者に+αしたものだが、
将来的には後者の方にシフトしていくのだと思う(ほんとか?)
ここで問題になるのは、先ほど触れた産業構造の変化だろう。
いわば足場と思われたものが思いがけず動いてしまう状況だ
(ラピュタの最深部みたいなイメージ)。
これを引き起こす選好・技術の変化を突き止めるのは容易ではない。

 経済学者は進化学者・考古学者のようなものである。
しかし生物の進化の何万倍の速度での進化が目の前で起こる。
これを吉ととるか凶ととるか、なかなか難しいところだと思う。

(*)ついでに言うと、別の重要な区分として地域・国もある。
ただ、この意味合いについての議論は別の機会にしたい。

« プラトンに脳科学で答える | トップページ | 自分が好きか嫌いか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207115/6254912

この記事へのトラックバック一覧です: 対象の大きさ:

» 木下あゆ美 ポロリ画像・ハプニング動画 [木下あゆ美 ポロリ画像・ハプニング動画]
画像・動画 [続きを読む]

» 年収300万円のただの貧乏サラリーマン [アホな貧乏人が、簡単に大逆転してしまった!!!]
週一休みの毎日12時間労働で、その会社に居た頃は 毎日がくたくたで、いつ過労死してもおかしくない状態でした。 やはり、パソコンど素人のアホには、無理なのか・・・ [続きを読む]

» 4月も100%の勝率!2000本販売記念価格100名様限定!超シンプルな1点買いで的中率なんと98%の投資競馬術 [インフォスタイル - 最新情報]
従来の武田麗子シルバー商材を上回る、武田麗子のゴールド商材新発売♪的中率はなんと98%!!!こんな投資競馬はどこを探されてもないはずです。しかも結果(利益)は、その日か次の日かにあらわれます。... [続きを読む]

« プラトンに脳科学で答える | トップページ | 自分が好きか嫌いか »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ