« 現存する歴史としての昭和 | トップページ | うぬ機械 »

2007年1月31日 (水)

06年国内映画動向

21年ぶりに邦画が洋画を追い越したそうです。

それにしても面白そうな映画ってのは少ないもんです。

今後ビデオやTVで見てもいいなと思うのは

デスノート the Last name:前編を見てしまったので

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ:絶対お勧め

ダ・ヴィンチ・コード:暇なら

ワールド・トレード・センター:面白くはなさそうだけど

洋画停滞の理由に「ハリウッドの低迷」みたなことが書かれていて、

実際それは正しいんだろうけど、

邦画の上位を占める映画もゴミばかりの現状を考えれば、

洋画の方が大分マシなんではないかと思ってみたり。

どっちにせよ映画館に行く気は全く起こらないですね。

« 現存する歴史としての昭和 | トップページ | うぬ機械 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207115/5143755

この記事へのトラックバック一覧です: 06年国内映画動向:

« 現存する歴史としての昭和 | トップページ | うぬ機械 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ